美容院と理容室の違いは?

美容院と理容室の違いをご存知ですか?美容室は女性が行くところ、理容室は床屋さんですから男性が利用するところ思っている人が多いのではないでしょうか。

確かに、男性は理容室を利用することも多いですが、最近では男性でも美容院を利用する人は少なくありません。また、女性でもうぶ毛の処理などのために理容室を利用する人がいますので、理容室は男性、美容院は女性というだけでは分けることはできません。

では、理容室と美容院の明確な違いはどこにあるのでしょうか。それは、お互いの業務の内容が本来であれば全く異なっています。理容室も美容院も、ヘアスタイルを変えるために訪れるところという風に考えている人は多いと思いますが、厳密には、お互いの業務内容には差があるのです。

まず理容室の業務については「理容師法」という法律があり、そこに明確に記されています。理容院については、カットやシェービングなどによって容姿を整えることということが業務内容として定められています。一方の美容院は、「美容師法」という法律があり、業務内容はヘアメイク、パーマなどによって容姿を美しくすることと定められています。カットをするということは本来の美容院の業務には盛り込まれておらず、かつてはカットとは理容室の業務とされていました。

しかし美容院でカットをすることが違法なわけではなく、国家資格を持っている美容師であれば髪をカットすることが認められています。本来の意味でいえばカットは理容室、ヘアカラー、ヘアメイク、パーマなどが美容院と、業務内容の違いがあったわけです。

また、もう一つ明確な違いとして、美容院で男性客の顔粗利をすることができないという違いあります。女性にメイクをするために必要な範囲の軽い顔剃をすることは差し支えないと判断されていますが、男性の顔を本格的に剃ることは美容院では行えません。理容室では可能ですので、そういった違いもあります。

  • 「美容院ナビ!なりたいアナタに変身しよう!」はあなたに合う美容院を探す事ができます。
  • サイトマップ