ヘアマニキュアとヘアカラーの違い

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いは、使っている薬剤の違いにあります。その薬剤の違いによって効果や、効果の持続度合いが違いますので以下で詳しく見ていきたいと思います。

まず、ヘアカラーの場合にはアルカリ酸化染毛剤という薬剤を使って髪色を変えていきます。この薬剤はまずアルカリ性の薬剤で髪のキューティクルを開き、メラニン色素を分解して脱色をします、そしてそこに染料が浸透し、髪の内部に染料が定着するためにしっかりと髪を染めることができます。髪の内部に染料を定着させますので、色持ちがいいのが特徴です。また、脱色と同時に染色するため、カラーのバリエーションも豊富に作ることができます。デザイン性が高いことからカラーリングとしては最も選ばれている方法だと思うのですが、ヘアカラーにはかぶれてしまうという人もいるため、初めて使用する人はかならずパッチテストを行ってから使用しなくてはなりません。

ヘアマニキュアの場合には、使用する薬剤は酸性染毛料というものです。脱色をする効果はない薬剤ですので、自分の下の髪色をいかした自然な仕上がりに仕上げることができます。しかし、あくまで自分の下の髪色の上に重ねることになりますのでヘアカラーのように豊富なカラーバリエーションを作ることはできません。カラーによっては色味が出にくいこともあります。髪色を明るくすることはできませんので、明るい髪色にしたい場合にはヘアカラーを使いましょう。

ヘアマニキュアは、キューティクルの表面とそこに近い毛皮質にだけ染色しますので、髪の内部までカラーが浸透することはありません。キューティクルを開いたりということがない分髪への負担は少ないのですが、カラーは洗髪のたびに少しずつ落ちてしまい、色持ちがよくありません。ただし、ヘアカラーと違ってかぶれる心配がほぼありませんので、肌や弱い人でも利用できる場合が多いかと思います。

しっかりとカラーを出したい人や、白髪をしっかりと染めたい人はヘアカラーのほうが好むの発色を出しやすくしっかりカラーが定着しますのでヘアカラーがおすすめです。一方で、初めてヘアカラーをする人やあまり髪色を極端に変えたくないという人はヘアマニキュアで自然な髪色の違いを試してみるといいでしょう。

  • 「美容院ナビ!なりたいアナタに変身しよう!」はあなたに合う美容院を探す事ができます。
  • サイトマップ